鍼灸って?

先日、とある歯科医院の貴重な講習時間を頂き、
『鍼灸について』をセミナーさせて頂きました(*´ω`*)

異業種の方に『鍼灸の事』を伝えるのは、
普段の患者様に『はりきゅう』を伝えるのと同じくらい
難しいですね(*_*)

例えば・・・
『身体には経絡というものがあって巡ってます』って言われても
なんの事?ってなりますよね(+_+)
私は
『経絡は線路みたいなもので身体に見えない線路が走ってます』
って例えることが多いです。

『巡る』もさらさらと流れている川や用水がありますが
水が流れず滞ると匂いなどが出ますよねって例えたりもします。

いかに相手が分かりやすく、身近なものに置き換えて
伝えることが出来るかが普段の施術においても
keyになりますね(^^♪

相手に伝わるととても施術の説明も
今後の施術計画も理解して頂きやすい。

そのために、相手に伝わるためのボキャブラリーを増やしていく為に
日々、本を読んだり、セミナーに出たり、人と話をしたり、自分の知らない
分野を聴いたり、それはすべてにおいて繋がってくることが多いと
考えております。

そのあとは、百聞は一見に如かずという事で3人ほど施術をさせて頂きました。

1人目は、右肩が上がらない・肩こり・首コリ
2人目は、首のコリがひどい・片頭痛
3人目は、顎が外れやすい・のぼせ・むくみ

その場で皆さんに良い方向へ変化したので良かったです。

関連記事

  1. ぶどう
PAGE TOP